⇒トップページへ

スポンサーサイト - --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⇒トップページへ

-件のコメントが届いています

チーム戦大阪 - 2018.03.04

 ラスクロチーム戦大阪に参加してきました!
 チームメンバーは石川勢の二人(ハマショー氏、ナブラ氏)。自分が片道一時間かけて通ってる店舗の常連ですね。

 デッキ選択はまずアトランティカを固める所からスタート。天空、陽光と比較して何使っても弱いというのがおそらく全チーム共通の見解。ここがチームの色の出る世界です。ハマショー氏が独自チューンの多色ドラゴン等を試しており、ナブラ氏は5色コントロールを提案。自分は一か八かで対戦相手を轢き○す3色騎士を推す。最終的に、ハマショー氏にアトランティカ以外を使わせる訳にはいかないというお上の判断により、ハマショーチューンの5色コンが誕生。「ハマショー君に調整させたらこうなったんですけど…」と怪しすぎるデッキを見せられる。平和と信長の組み合わせは自分も過去にボコボコにされた経験があったのと、彼の構築とプレイングは既に自分の理解を超えているため了承。ナブラ氏はというと「天空でも陽光でも適当に青いデッキ使うので、ホマレさんは紫単とか白単とかでビートしてください」との要請でまだ立ち回りを理解している方な白単を選択。白輝昇天が被る?あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。

 因みに、他チームがアトランティカでどんなデッキを使ってくるかに関しては、個人的には多色コンか時代上げ進撃の理不尽ゲー突き付けてくるデッキが有力だと思ってました。蒼眞もシャクトもアリオンも流石にデッキとして劣るだろうと。CB系は想定外でした。
ウルディーをアトランティカに渡すとなれば、陽光は橙単とか?純正の3色孔子の可能性もある。でもウルディー譲らずゴズコンするチームも一定数居るよなぁという感じ。天空はまぁほぼ2択だろうと。

 次に席順。両サイドが後手の時に先手でぶち抜いてまずは一勝を上げるビートダウンがB卓に来ると予想。うちらが先手の時に厄災で頭を押さえる5色コンを当てるか、白単を当てるか。ここで、白単は天空青も陽光ゴズも厳しめなこと、5色コンには投石ドワーフが(何故か)3枚も搭載されていることを考慮し、B卓を白単としました。不利デッキに当たらなければどうということはない!しかし先手では負けられない使命を負う。

 チーム名は当日ナブラ氏が「夢構築の工房でいいですか?」と提案。自分が「その名を使うときはもっとハジけてイカれた無茶苦茶なデッキを揃えないとダメだぜ!」と反論するも多数決により敗北。まぁ、白単とかうちの原産だし?二人のデッキリストと解説が見たい場合は本人に直談判して記事を書いて貰ってください。

そんな訳でチーム戦のレポートです。両サイドのゲーム内容を見ていられるほど自分に余裕はないので、一人分だがな!

A卓:5色コントロール(ハマショー)
B卓:陽光白単(ホマレ)
C卓:天空青ベースの青紫(ナブラ)

1.(A:陽光ゴズ○)蒼眞先手○(C:天空紫×)
2ターン目の継承儀式で兼続サーチてそれ手札に揃っとるやつやーん!3枚中2枚ヒットで時代Ⅲには届かなかったため、ダアナでヤマタケ出したりしながら殴れるだけ殴る。5ターン目も神柱無いけど殴る!ライフを詰めブロック強要してウルドワンチャンルートを難しくしつつ、時代Ⅲへの発展で神柱拾って勝ち。

2.(A:天空青○)白橙シャクト先手判定勝ち(C:陽光3色ビート×)
相手バルカヌス捲りから初手シャクト。触る手段が無い&初手SSでヴィルフレイマ置いちゃったので神柱でぶん殴るしかねぇ!神柱ターンでライフ3まで詰めるも、目くらましの精霊ワイプなどでなかなか攻めに回れず。どうやらジル・オーラは切ってるようだがあからさまに昇天コストを立たせているためヴィルフレイマで流すのも悪手な気配。相手の時代が上がってレネット森聖姫がキツくなり、しゃあなしヴィルフレイマ。相手もこちらも余力があり、並べている間にタイムアップ。ライフを守るチャンプブロックで判定勝ち。

3.(A:アトランティカ5色×)陽光ミノタウロス先手○(C:天空青○)
相手後手3ターン目にミレイカ着地させておきながら、4ターン目に昇華ミレイカをSSに置き出してそれ手札に持っとるやつやーん!1発目はオレーゼをP3500にして使わせ、2発目はヤマタケAアビで使わせることに成功。残りライフ10。反撃に回るには心許ない手札だが盤面が持たないためヴィルフレイマ。返しに紫神柱から昇華ミレイカで残り5点。イルミナをチャンプ要員としつつヴィルフレイマを動かす方向に。ヴィルフレイマ始動、神柱も置いてその後は2回攻撃の構えで勝ち。向こうが時代Ⅳに到達していたためカムダ引かれたら負けてた。

4.(A:天空青×)アトランティカ青黒橙CB後手×(C:陽光ゴズ×)
マリガン後の5枚が全て3コスト以上で焦る。相手は黒歴の司スタート。なんとか2コストのカードを引き込むも相手は猫&熊王。アラジンで3点回復モードを選ぶも、更に猫、更に呪葬砲!これヴィルフレイマ出す頃にはライフ残ってねーぞどうすりゃ勝てるんだ。即ソルバルチェンジして次で神柱置いても12点…もぅマヂ無理…トーリョーしょ…とはいかないので続けたらヴィルフレイマ時点でライフ2。ハゲのオーラが止まる訳もなく負け。

5.(A:陽光ゴズ×)アトランティカ青白橙CB後手○(C:天空黒×)
熊王SSにして熊戦士出されたので、次熊王出てきてヤバいヤツでは?とビビるも再び熊戦士。P2500ならなんとかなるなと思ったら咲耶姫出されてキツい。SCが腐るのもキツい。一端ヴィルフレイマで流すにしてもCAヤードにもう1枚あるんだよなーどうすっかなーと考えていると、後続がイマイチな様子でなんと神柱チャンス到来。ヴァリサ昇華って何点だっけ?さすがに7点あれば安全圏?とか負け筋を考えつつ、最後はSS全部寝てたのでヴィルフレイマからソルバルにチェンジしてねじ込んで勝ち。

↓白単デッキリスト。長期戦用のカードは入れず序盤の安定性を優先。殴り合いを想定し、ヤマタケAアビ用のニケを増量。

3願いつなぐ歩哨
3勇壮なる森聖姫
3神兆聖姫 イルミナ
3アビサ生まれの従士
3快盗騎士 アリエル
3輝ける機士姫 オレーゼ
3アラジン
3暮光の天機王 アスハ
3ヤマトタケル
3ニケ
3グランドールの神話守り
3銀野駆け
3アビサ森の守護女王 ダアナ
3希望の双光 ソル・バル兄弟
2光望将姫 サージェリカ
3始祖龍王 ヴィルフレイマ
3輝ける光史の神柱

⇒トップページへ

0件のコメントが届いています

⇒トップページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。