⇒トップページへ

スポンサーサイト - --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⇒トップページへ

-件のコメントが届いています

【天空+1】猫エイジャ - 2017.12.01

俺はこのまま鹿角シャーマンを使わないままラスクロ人生を終えるのか。おにねこさんファンとしてそれはどうなんだ。なにか、なにか策はないのか…!ということで色々思案した結果、鹿シャーマンと相性の良いエイジャ、そして勇猛付与が大きなメリットとなる眠り猫の組み合わせで構築することに。



橙:28 青:24
CA3:20 CA2:30

3 鹿角の大シャーマン
 主役。CA2なのに戦場にあってもなくてもいいような性能とか思っても言ってはいけない。
3 千年森の神官長 ピュラ
 天空の橙って何だよ(哲学)ということでありがちなSS伸ばす構築に。
3 歌樹園の詩想家
 天空の青って何だよ(難問)ということで音楽家と手を組むことに。
3 アポロン
 天空の橙とはアポロンである。
3 天華の武聖 エイジャ
 レベルⅢの置き物であることから、デッキ内のレベルⅡ以下軽量ユニットはある程度の数がほしい。緑ランプとのシナジーもあるし火食い虎とか良さげ・・・なのですが、色バランスとかCAの関係で虎は切捨て。
3 原初の岩の賢者 クトム
 雑なデッキパワー底上げ。
2 血肉餓えの大長 ロノ・ガダー
 引き摺り出す対象にもってこい。魂石化は鹿シャーマンの恩恵があることを忘れてはならない。
3 闘獣王 ガルバ・ベルガ
 そこまで素早くSSを伸ばせるデッキではないですが、6個まではストレートに置いていきたい。
3 ヴィシュヌ
 エイジャの緑ランプ効果を誘発させて無理やり押し込むプレイング。
3 トポカの眠り猫
 めっちゃ浮いてるけど、数少ないオーラとしてダメージクロック、ブロッカーの役割を果たせている。
2 夢氷の奏者 ボラグトゥ
 しばらく使ってないと忘れるけど、時代Ⅲから2000/2になるんですよ。エイジャ下で小隊攻撃する頭数としてカウントできる。
3 極海の宝声 アイネ
 音楽家を採用することで猫CBを活かせるかもしれないし、序盤を持て余すこともなくなるはず!
3 幽玄の弾き手 ゼンリ
 ダブルシンボルなので序盤にきちんとプレイできるかというと怪しめ。
2 時海の究明家 クレシュタ
 別になにかを対策したいとかではなく、この辺のコストのグッドスタッフとして。
3 青氷石の魔笛
 なぜ音楽家なのか?本当の答えは、グッドスタッフでまとめるのも無くはないんだけど、そうすると適切なCA3が見つけられなかったから・・・。
3 静寂のハンドベル
 ということでCA3。
3 大極風
 これもCA3だから。
2 雪熊のシャーマン
 3枚引くと切れる理論で2枚。



何度か使用して思ったのは、
猫、鹿シャーマン、エイジャのうち2つですら揃えにくい
ということで、そんなに綺麗に猫に勇猛付けて気持ちよく殴るぜ!という展開にはなりませんでした。
その結果何が起きるかというと、どこかで見た音楽家とバウンスをプレイし、どこかで見たファッティをプレイする、というなんの目新しさもないゲーム体験が生まれるんですね。まさに無情。他のデッキを使えばもっと楽しめただろうに。ということで速攻で解体となりました。

鹿シャーマンを諦めきれないので、クラシック白橙で劉備ブリューネみたいなデッキ作って遊びます(CA3が見つからず製作難航中)

⇒トップページへ

0件のコメントが届いています

⇒トップページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。