⇒トップページへ

【クラシック】ジャイアント・インセクト - 2016.03.16

 2→4→6や3→5→7とは某ゲームにおけるマナブースト構築の手法ですが、実はラスクロにおいても恐喝砦やルン・バダの登場で2→4→6構築が可能なのではないか、と(私の中で)話題でした。しかし時代システムのあるラスクロで6コスト用意できても…居ますよね、レベルⅡの大型ユニットが。かつての問題児、猿を再び使う時です!ピュラとかいう時代Ⅰから使えてアドが取れる意味が分からないカードが登場したことでコンセプトが安定しました。



橙:41 黒:12
CA3:18 CA2:32

3 魂石山の蜂蜜盗み
 これも序盤のSS加速を安定させたカードです。1→3→5は安定するのか、それをして強いのかは謎。ナチュラルにパティと組み合わせられる構築なのは良いですね(自画自賛)
3 盗賊公の恐喝砦
 イシスやイシュタルとの共存は難しいカードですが、今回はそれらを必要としません。黒が足りなければ蜘蛛戦士、高コストが足りなければ飛び顎乗り、なんでもよければオセロテ。中盤以降に引いてしまっても、パティSBからの飛び顎乗りや強引なガダーSBに利用できるので無駄とは言いきれません。
3 千年森の神官長 ピュラ
 時代Ⅰから使えるのはおかしい。しかもCA3。ありがとうございます。
2 魂石のドルイド
 カブト虫君は効果が時代Ⅱからでコンセプトに噛み合わないし、ATK0の2500に用などないので、だったら魂石ドルイドでいいじゃんという選択。眠りに当らないのが良さげ?
3 アポロン
 擬似的な2→4→6の4として機能します。後手3ターン目に出せる構築なので。
3 精霊羽の女帝 キ・ジャ
 2→4の4で出して強いユニット。というだけではなく、実はコスト軽減効果があるので6コストで蜘蛛戦士と同時に出せるという、このデッキにぴったりなカードです。そもそもP3000あって手札が減らないので使いやすい。
3 斉天大聖
 是非先手4ターン目に叩きつけたいですね。SSは選んでいるわけではなく、コストとして犠牲にしているだけなので恐喝砦下でも問題なく帰ってきます。
3 闘獣王 ガルバ・ベルガ
 除去札ですね。斉天大聖の天敵ともいえるクロエに対する切り返しとしても優秀です。
3 狩り尽くす飛び顎乗り
 虫。パティSBでマルチブレイクしましょう。リミテでは天使を狩っていましたが次は何を狩るのか…。こちらもクロエに対する切り返しとして機能します。
2 血肉餓えの大長 ロノ・ガダー
 レベルⅢで出番が来るまで長いので、だいたいSSで待っていてもらいます。カメレオンで回収。
3 花誘う彩り手 パティ
 SB持ちはそこまで多くないと思うので、どちらかというとマルチブレイク用に手札に抱えておくカードとして採用しています。
2 虹色カメレオン
 ケイローンより優れている点はCA3であること、SSのパティからすぐSBを使えること。手札を使うのはまぁ、要らなくなったSS加速カードの処理も兼ねるということで…。ちなみにソウルバーストはユニットカードのトリガーアビリティです。恐喝砦下でも選べますね。
2 オセロテの双魂術師
 多少はSBカード入れておきましょうということで…。あとオセロテお試し。
2 森駆ける精霊狩人 ロカ
 お試しCA3。ピュラは後半も場に出してそうだけど、この枚数でもいける気がするんだよなぁ。
1 鉄錆蟻の大群
 虫です。サーチして持ってこれるよ!
3 覇力絡めの蜘蛛戦士
 SSを伸ばすデッキはそんなに伸ばしたSSで何するの?ってなるイメージですが、その点このカードは良い働きをしてくれますね。猿やアポロンで構えて盤面をコントロールしましょう。キ・ジャで持ってくるカード筆頭。
3 クロノフォースメイデン
 橙橙スタートが要求されるデッキなので黒にそんなに枚数は割きたくないですよね。こいつは黒を手札に引き込むのを助け、ピュラで中途半端に捲る時代ヤードも有効活用し、アポロンの起動も助けるという燻し銀な活躍…を期待して採用しました。
2 永遠の旅立ち
 CA3ということで適当に突っ込みました。
3 完全なる眠り
 序盤のSS加速ターンで失ったテンポを取り戻さないと、早いデッキに簡単にやられるので必須でした。
1 深淵の黒雷
 序盤の追加の眠りくらいな感じで採用。ファッティ並べたら普通に置く機会も来るよきっと。



 ルン・バダはいつ引いても弱かったのでやめました。適切なデッキで運用してあげてください。2ターン目のSS加速が9枚じゃ足りないよ…となったら復活?
 マリガンで2→4→6の2を用意しましょう。2,4,6がすべて初手にあると気持ち良い。
 デッキの動きがとても単純かつ、高パワーでごりごり攻めていけるので脳筋感たっぷりです。猿以外の主要なカードは天空編のカードなので、天空構築でも似たようなデッキが組めそうですね。

⇒トップページへ

0件のコメントが届いています

⇒トップページへ