⇒トップページへ

スポンサーサイト - --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⇒トップページへ

-件のコメントが届いています

【クラシック】Sound Collect - 2016.01.25

アミスィ,ガスタルフ,フィニーみたいな青単が大活躍してますが俺は氷激と楽器を並べたいんだよ!ということで若干思想の異なる青単の紹介です。やってることはあまりかわらないけど・・・。


青:50
CA3:18 CA2:29 CA1:3

3 戦雲の楽人
 まず、楽人か氷激を場に出さないとATKが著しく低いです。主力アタッカー。ATK4とか5で早いデッキと殴り合いするの楽しいです。
3 夢氷の奏者 ボラグトゥ
 書くこといくらでも出てきそうなカードですがどれも結びの言葉は「強い」
3 わだつみの声 アンジュ
 ハンドベルと笛(イルカの方)、選べるのがいいですね。
3 極海の宝声 アイネ
 ATKが2あることがとても強いし効果もやりたい放題なので、場に出せるととてもゲームが簡単になるカードです。
3 知恵の歌の口伝者
 後手3ターン目に楽器と合わせて戦場に配置しやすくなったので、使い勝手がとても良くなりました。レベル関係なく選べることと、時代Ⅲへの発展でまたバウンス可能なのが幻惑のセイレーンとの差異ですね。あちらは2500が立つので一概にどちらが良いとは言いにくい気がします。
3 氷激の闘楽家
 レベルⅢだし4コストかかるし隙が大きすぎるんじゃない?確かに隙は大きいのですがだいたい楽器と合わせて1体はワイプできるので許容できる範囲です。
3 時移しの魔笛
 レベルダウンはヴィクトーとかフィニー出すときくらいで、大体氷激コスト&楽人強化カード。陽炎の精を早い段階で処理できるのは良いですね。
3 静寂のハンドベル
 ハンドベルを構えて物理で殴る。
3 青氷石の魔笛
 とんでもないカードですねこれは。
3 郷愁の唄
 いまさら語ることなんてないですよね。ボラグトゥで持ってこれて強いことはありまぁす。
3 大極風
 郷愁の唄に慣れすぎてレベルⅡ以下しか戻せないことにもどかしさを感じることがあります。冷静になりましょう、十分強いです。
2 水翼魚の羽飾り
 音楽家を場に出すことが強いデッキであるため、不純物は少ない方が良いのです。このカードは1ターン目の選択肢になり、手札が減った頃に引いても1コストで他のカードになり(デッキを1枚掘れる)、CA3でもあるので採用です。似たようなことをしたければ新世の導きもありますが、あんまり時代を上げる必要は無かったです。
1 消因術
 2枚引き込みたくはないよな、でもあったら嬉しいよな、ということで1枚だけ入れてます。ヴィクトーなんかは特に、バウンスで逃がすより場に維持したいカードですよね。
3 氷魔界の守護王 ガスタルフ
 ユニットとしての優先度は低くて、CB用のカード。2枚でいいのですが1枠自由に使える枠ができてしまったのでここに置いておきますね。
2 厳冬将 ヴィクトー
 丁度バニラ化して嬉しいカードが環境に増えたのもありますが、ATK3であることも頼もしかったです。また、相手の攻撃はバウンスで誤魔化す、しかしこちらのATKは低め、ということで自然とゲームが長引き緑ランプ効果が活きてくる場面もあります。
2 スカイスキッパー フィニー
 アイネとの組み合わせが魅力的すぎて採用しました。
2 シャクシャイン
 このデッキでは場に出して強いかというと時と場合によるカードなので、CBの評価を含めて採用に至っています。
2 氷の女王 ヴァルニカ
 これがないとどうにもならないデッキタイプがあるわけですがあってもどうにもならねえや、というところまで不利がつくことも・・・。なかなか難しいですね。
3 不思議の国のアリス
 カードが引けて、アルゴー避けになる、というところまでなら氷魔界の小賢者でいいのですが、楽器を置く分アドバンテージが欲しいのですよ。ということでCBです。ヴァルニカとのレガシー被りは自壊できるのでたぶん気にならないでしょう、というか場に出すよりSSに埋めてることの方が多いです。黒アリスを一枚入れてみたりもしてたんですが、どうもアリスは肌に合わないですね・・・青アリスを引いたら場に出すことが当然なデッキだったらそういうのもアリなんですかね?



 久しぶりに文章書いたら強いしか言ってないのでは?小学生並みの(ry
 氷激,楽人,アイネ(はEPICだけど)といった具合に、場に出して強いカードに偏りがある、しかしラスクロは同名カードを3枚しか入れられない、というところで、デッキ圧縮を意識した構築にはしてあります。ボラグトゥもあるので結構安定して氷激は出せますよ。(それでも初手3枚を泣く泣くマリガンとか起きる時は起きるんですね・・・)
 ハンドベルコストやバウンスのために1コストを構えながら動きたいため、まぁ自然とそうなったんですけど、軽いカードで構成しています。そういうデッキで軽いカードをたくさんプレイすることに喜びを感じるんだ・・・1ターン目に出せるカード14枚とか尋常じゃない。



 最近はあまりラスクロ遊べてなかったので、もっとふざけてデッキ構築していきたいですね。全然作れてないし作ったのに調整する機会がないとか・・・なぁに陽光編までは長い、じっくり遊ぼう。

⇒トップページへ

0件のコメントが届いています

⇒トップページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。