⇒トップページへ

【クラシック】黒単コンボ「夢幻月号」 - 2015.06.14

ただの黒単ゾンビかと思いきや、とあるコンボを内蔵したデッキにしてあります。ジャ・ダは一見アンチシナジーに見えるがとんでもないやつだったと知ることになる。脳内構築かつプレイングよくわかってないので練習したいデッキですね(するとは言ってない)



黒:50
CA3:19 CA2:31

3 慟哭城の黒姫 ベルファーラ
 ゾンビ覚醒に注目しがちだが、今回目を向けるのはそちらじゃないぞ。
3 慟哭城の魔王子 ビザル
 この兄妹、さすがの重さである。
3 背徳売りの長 ジャ・ダ
 「さあ取引を続けよう、あんたがすべてを差し出して破滅するまで。」
1 イルクベリアの大獄長
 フィニッシュ手段。黒宮衛士隊でも可能だが、軽いため他のパーツと同一ターンに場に出せるのが大きい。
3 忘れ河の幽霊船 幻月号
 幽霊船が要求するのは……そう、ユニットの魂である。(公式ハンドブック)しかしジャ・ダにかかれば魂なしで無限の動力を得られるのだ!
2 夜と血の申し子
 CA3でありながらコンボパーツというのは嬉しいですね。先出ししておけば無限のパワーとATKで殴れる。
3 バステト
 ノーコスト犠牲は悪さしかしない。その行為がコストなのに。
3 黄泉帰りの死者
 場に出して即砕けば捨て札からゾンビを回収できるので、例えばビザル下で獄長拾いますというプレイがありえそう。
3 ザルガンの腐液飛ばし
 神ダロスなデッキの定番。SCの種にもなる。
3 悪夢からの帰還者
 覚醒したら蘇ってくる。手札消費なしでSC元を用意できる可能性があるということだ。
3 呪殺
 適当。
3 暗殺
 適当。
3 異端の宿命
 適当。
3 可能性の黒極神 ダロス
 コンボデッキだし暗黒祭壇あるし。
3 ロヴォスの暗黒祭壇
 このカードがあるので、ベルファーラとかガンガンSCに使っていけそうな予感。強制誘発によりコンボパーツを除去されるタイミングが生まれるというデメリット。選ぶだけならタダなので、スタックで除去されたら困るユニットを指定しておくというプレイング。流石にガイヴァナムデッキに入れていられるほど余裕はないんじゃないかな。
3 玉藻前
 適当。
3 魂を拾う大鴉
 絶対手札足りなくなるので入れておく。
2 闇色翼の魔猫
 コンボパーツ多すぎて手札にあるカード全部使いたいとかいう状況が発生するので、捲った時に強いカード入れておいても良さげだなと。小隊攻撃を牽制できればなおよい。



まずはビザルとベルファーラについておさらいしておきましょう。
ビザルは慟哭城の客将でベルファーラの兄そのフィールドアビリティによってユニットとユニットカードのカテゴリをゾンビにします。早い話があなたのデッキのユニットカードは全部ゾンビ!というわけです。このアビリティによって、たとえばロヴォスの暗黒祭壇でどんなユニットでも戦場に配置することが可能になったり、ベルファーラのCBでどんなユニットでも回収することができたりします。
ベルファーラはカテゴリゾンビのユニットを覚醒させます。ビザルと合わせればすべてのユニットが覚醒状態ということで、色々夢が広がりますね。しかしベルファーラにはもうひとつアビリティがあります。ゾンビユニットが捨て札置き場に置かれると、ゾンビトークンを生み出すことができるのです。

ここで、ジャ・ダのテキストを確認してみましょう。

背徳売りの長 ジャ・ダが戦場から捨て札置き場に置かれたとき、あなたのユニットを1体ゲームから除外してもよい。そうしたならば、背徳売りの長 ジャ・ダを戦場に配置する。


ビザル&ベルファーラが戦場にある状態で、ジャ・ダが捨て札置き場に置かれたとき、ベルファーラのトリガーアビリティとジャ・ダのトリガーアビリティが同時に誘発します。スタック順を決定するのはあなたであり、ベルファーラのTアビを先に解決すれば、ジャ・ダはゾンビトークンを除外することで戦場に帰ってきます。この時点で、何度でも甦る無限ブロッカーが誕生しました。
バステトや夜と血の申し子のように、味方ユニットをノーコストで犠牲にすることができるユニットがあります。これによりジャ・ダは何度でも「捨て札に置かれ」、「戦場に配置」することができます。幻月号には無限に動力が供給され、好きなだけカードを引いて好きなだけ犠牲を強いることができます。イルクベリアの大獄長(今回不採用の黒宮衛士隊でも可)が場にあれば、相手が死ぬまでダメージを投げられます。変わったところだとクレオパトラ等で速攻をつけて殴り続けることも可能ですね。

ところで、総合ルール13.2.にはこうあります。

13.2. その行為の中に、一方のプレイヤーのみに無限ループを停止する選択肢が与えられている場合、そのプレイヤーはその無限ループを何回行うかを宣言し、その回数だけ無限ループを行う。その後ループを終了する。その後、トリガーアビリティなどにより強制される場合を除いては、同じ無限ループを選択することはできない。


このコンボはコストとして犠牲にするところからスタートするのですが、「同じ無限ループを選択することはできない。 」にひっかかってしまうのでしょうか?それともトリガーアビリティのせいにして再開できるのでしょうか?このあたりは、幻月号でひたすらカードを引いて獄長発見→場に出してループ再開、が可能かどうかということに関わってくるんですよね・・・。面倒ですが公式にメールだ!

今回はそんな、夢のようなお話でした。さっさと天空構築でデッキ組みたい。



 追記
公式より回答をいただきました!はやいっ!いつもお世話になっております!
ということで以下、メールより引用です。

あなたの戦場に《慟哭城の黒姫 ベルファーラ》と《慟哭城の魔王子 ビザル》と《背徳売りの長 ジャ・ダ》と《バステト》と《忘れ河の幽霊船 幻月号》があり、《バステト》のアクションアビリティで《背徳売りの長 ジャ・ダ》を犠牲にすると、《慟哭城の黒姫 ベルファーラ》と《背徳売りの長 ジャ・ダ》と《忘れ河の幽霊船 幻月号》のトリガーアビリティが誘発します。この時、《慟哭城の黒姫 ベルファーラ》のトリガーアビリティが《背徳売りの長 ジャ・ダ》のトリガーアビリティの上に積まれている場合、《慟哭城の黒姫 ベルファーラ》のトリガーアビリティにより、トークンユニットが配置され、その後、《背徳売りの長 ジャ・ダ》のトリガーアビリティにより、このトークンユニットをゲームから除外し、《背徳売りの長 ジャ・ダ》を戦場に配置することができます。
以上の手順は任意の回数繰り返すことができ、《忘れ河の幽霊船 幻月号》の上に任意の個数の動力カウンターを置くことができます。
また、以上の手順を行った後、そのターン中に、《イルクベリアの大獄長》を配置し、以上の手順を再び任意の回数繰り返すこともできます。

⇒トップページへ

0件のコメントが届いています

⇒トップページへ